中学受験で差がつく!低学年から身につけたい計算力

計算力 小学低学年

中学受験を控えたお子さんを持つ保護者の皆様へ。

中学受験で合格を勝ち取るためには、算数は必須の科目です。その中でも、計算力は基礎中の基礎であり、計算が速く正確にできるかどうかで、合否に大きく影響します。

しかし、低学年のうちから計算力を身につけるのは難しいと思われている方も多いのではないでしょうか。

確かに、低学年では計算の基礎を固める段階であり、難しい問題を解くには至りません。しかし、基礎をしっかりと身につけておけば、中学受験に向けて着実に計算力を伸ばしていくことができます。

そこで、この記事では、低学年から身につけたい計算力について、その重要性や具体的な方法を解説していきます。

この記事を読むことで、お子様の計算力をアップさせ、中学受験の合格に近づくためのヒントを得ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

低学年から身につけたい計算力

中学受験で計算力が重要である理由

中学受験で計算力が重要である理由は、以下の3つが挙げられます。

  • 算数の基礎を支える

計算力は、算数の基礎中の基礎です。計算が速く正確にできないと、算数の他の分野の学習にも支障をきたすことになります。

  • 算数の応用力を高める

計算力は、算数の応用力を高めるにも役立ちます。計算が速く正確にできると、複雑な問題や応用的な問題にも取り組むことができるようになります。

  • 入試の合否を左右する

中学受験の算数では、計算問題が数多く出題されます。計算ミスが多かったり、計算に時間がかかったりすると、合否に大きく影響する可能性があります。

そのため、中学受験を控えたお子様は、早いうちから計算力を身につけておくことが重要です。

具体的には、以下のような方法で計算力を鍛えることができます。

  • 計算の基礎を身につける

足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算を、正確かつ速くできるようにしましょう。

  • 繰り返し練習で計算スピードを上げる

ドリルや問題集を活用して、毎日少しずつでもいいので計算に触れる時間を確保しましょう。

  • 計算の流れを意識して計算ミスを減らす

計算の流れを意識して、間違いやすいパターンを把握しておくことが重要です。また、計算の途中で答えを答え合わせする習慣をつけましょう。

計算力を身につけるためのポイント

計算力を身につけるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 計算の基礎を身につける

計算力の基礎は、足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算です。これらの計算を、正確かつ速くできるようにしましょう。

  • 繰り返し練習で計算スピードを上げる

計算スピードを上げるためには、繰り返し練習することが大切です。ドリルや問題集を活用して、毎日少しずつでもいいので計算に触れる時間を確保しましょう。

  • 計算の流れを意識して計算ミスを減らす

計算ミスを減らすためには、計算の流れを意識して、間違いやすいパターンを把握しておくことが重要です。また、計算の途中で答えを答え合わせする習慣をつけましょう。

  • 楽しみながら計算に取り組む

計算は苦手な子も多いと思いますが、楽しみながら取り組むことが大切です。ゲームやアプリなど、お子様が興味を持ってくれるような方法で計算に取り組んでみましょう。

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ドリルや問題集を活用する

ドリルや問題集は、計算力を鍛えるための定番の教材です。自分のレベルに合ったドリルや問題集を選んで、繰り返し練習しましょう。

  • そろばんや暗算を習う

そろばんや暗算は、計算力を効率よく鍛えるのに効果的です。そろばん教室や暗算教室に通う、またはそろばんや暗算のアプリや教材を活用するのもおすすめです。

【PR】 いしど式オンライン そろばん教室(公式サイト)

  • 親子で一緒に取り組む

親子で一緒に計算に取り組むことで、お子様のやる気を引き出したり、コミュニケーションを深めたりすることもできます。また、親御様が間違った答えを教えてしまわないように、注意しましょう。

  • 計算ゲームやアプリを活用する

計算ゲームやアプリは、楽しく計算に取り組むことができるので、お子様にもおすすめです。ただし、ゲームやアプリに依存しすぎないように注意しましょう。

計算力を身につけるには、継続的な努力が必要です。毎日少しずつでもいいので、コツコツと取り組んで、お子様の計算力をアップさせましょう。

低学年のうちから計算力を身につけるメリット

低学年のうちから計算力を身につけるメリットは、以下の3つが挙げられます。

  1. 算数の基礎を固めることができる

計算力は、算数の基礎中の基礎です。計算が速く正確にできないと、算数の他の分野の学習にも支障をきたすことになります。

低学年のうちから計算力を身につけておけば、算数の基礎をしっかりと固めることができ、中学受験やその後の学習に役立ちます。

  1. 算数の応用力を高めることができる

計算力は、算数の応用力を高めるにも役立ちます。計算が速く正確にできると、複雑な問題や応用的な問題にも取り組むことができるようになります。

低学年のうちから計算力を身につけておけば、算数の応用力を高めることができ、中学受験やその後の学習でより高いレベルの問題に取り組むことができるようになります。

  1. 中学受験の合否に有利になる

中学受験の算数では、計算問題が数多く出題されます。計算ミスが多かったり、計算に時間がかかったりすると、合否に大きく影響する可能性があります。

低学年のうちから計算力を身につけておけば、中学受験の算数で有利に戦うことができるようになります。

具体的には、以下の方法で計算力を鍛えることができます。

  • 計算の基礎を身につける

足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算を、正確かつ速くできるようにしましょう。

  • 繰り返し練習で計算スピードを上げる

ドリルや問題集を活用して、毎日少しずつでもいいので計算に触れる時間を確保しましょう。

  • 計算の流れを意識して計算ミスを減らす

計算の流れを意識して、間違いやすいパターンを把握しておくことが重要です。また、計算の途中で答えを答え合わせする習慣をつけましょう。

低学年のうちから計算力を身につけるには、親御様のサポートが欠かせません。お子様の興味や関心に合わせて、楽しみながら計算に取り組めるように工夫しましょう。

低学年で計算力を身につける方法やヒント

低学年で計算力を身につけるためには、以下の方法やヒントが役立ちます。

1. 計算の基礎を身につける

計算力の基礎は、足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算です。これらの計算を、正確かつ速くできるようにしましょう。

足し算や引き算は、10までの足し算や引き算から始め、100までの足し算や引き算、2桁同士の足し算や引き算へとステップアップしていきます。掛け算や割り算は、10までの掛け算や割り算から始め、2桁同士の掛け算や割り算へとステップアップしていきます。

2. 繰り返し練習で計算スピードを上げる

計算スピードを上げるためには、繰り返し練習することが大切です。ドリルや問題集を活用して、毎日少しずつでもいいので計算に触れる時間を確保しましょう。

ドリルや問題集を選ぶ際には、お子様のレベルに合ったものを選ぶようにしましょう。難しすぎるドリルや問題集を選んでしまうと、やる気をなくしてしまう可能性があります。

3. 計算の流れを意識して計算ミスを減らす

計算ミスを減らすためには、計算の流れを意識することが大切です。計算の流れを意識することで、間違いやすいパターンを把握することができます。

また、計算の途中で答えを答え合わせする習慣をつけましょう。答え合わせをすることで、自分の間違いに気づき、修正することができます。

4. 楽しみながら計算に取り組む

計算は苦手な子も多いと思いますが、楽しみながら取り組むことが大切です。ゲームやアプリなど、お子様が興味を持ってくれるような方法で計算に取り組んでみましょう。

5. 親子で一緒に取り組む

親子で一緒に計算に取り組むことで、お子様のやる気を引き出したり、コミュニケーションを深めたりすることもできます。また、親御様が間違った答えを教えてしまわないように、注意しましょう。

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ドリルや問題集を活用する

ドリルや問題集は、計算力を鍛えるための定番の教材です。自分のレベルに合ったドリルや問題集を選んで、繰り返し練習しましょう。

  • そろばんや暗算を習う

そろばんや暗算は、計算力を効率よく鍛えるのに効果的です。そろばん教室や暗算教室に通う、またはそろばんや暗算のアプリや教材を活用するのもおすすめです。

  • 計算ゲームやアプリを活用する

計算ゲームやアプリは、楽しく計算に取り組むことができるので、お子様にもおすすめです。ただし、ゲームやアプリに依存しすぎないように注意しましょう。

計算力を身につけるには、継続的な努力が必要です。毎日少しずつでもいいので、コツコツと取り組んで、お子様の計算力をアップさせましょう。

よくある質問

中学受験で低学年からやっておくべきこと!

中学受験で低学年からやっておくべきことは、以下の6つが挙げられます。

  1. 学習習慣を身につける

中学受験は、長期にわたる受験勉強が必要です。そのため、学習習慣を身につけておくことが大切です。

学習習慣を身につけるためには、毎日決まった時間に勉強する、集中して取り組む、計画を立てて取り組むなどの習慣をつけましょう。

  1. 基礎学力を身につける

中学受験では、算数・国語・理科・社会の4教科の基礎学力が問われます。そのため、低学年のうちから基礎学力を身につけておくことが大切です。

基礎学力を身につけるためには、ドリルや問題集を活用して、繰り返し練習しましょう。また、家庭学習の習慣をつけるのもおすすめです。

  1. 読解力を身につける

中学受験では、文章理解力が問われる問題が多く出題されます。そのため、低学年のうちから読解力を身につけておくことが大切です。

読解力を身につけるためには、毎日新聞や絵本など、さまざまな文章に触れるようにしましょう。また、読書の習慣をつけるのもおすすめです。

  1. 思考力を身につける

中学受験では、論理的思考力が問われる問題が多く出題されます。そのため、低学年のうちから思考力を身につけておくことが大切です。

思考力を身につけるためには、パズルやゲームなど、さまざまな問題に取り組むようにしましょう。また、自由研究や図工など、創造的な活動に取り組むのもおすすめです。

  1. 体力をつける

中学受験は、長期にわたる受験勉強と、本番の受験当日の体力が必要です。そのため、低学年のうちから体力をつけておくことが大切です。

体力をつけるためには、毎日適度に運動する、バランスの良い食事をとるなどの習慣をつけましょう。

  1. 受験に対する意欲を高める

中学受験は、子どもにとって大きな挑戦です。そのため、受験に対する意欲を高めておくことが大切です。

受験に対する意欲を高めるためには、子どもの興味や関心を尊重し、一緒に受験について話し合うなど、子どものやる気を引き出すようなサポートをしましょう。

上記の6つは、中学受験を成功させるために欠かせない基礎です。低学年のうちから、少しずつでもいいので取り組んでおきましょう。

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

学習習慣を身につける

  • 毎日決まった時間に勉強する習慣をつけましょう。
  • 集中して取り組む習慣をつけましょう。
  • 計画を立てて取り組む習慣をつけましょう。

基礎学力を身につける

  • ドリルや問題集を活用して、繰り返し練習しましょう。
  • 家庭学習の習慣をつけましょう。

読解力を身につける

  • 毎日新聞や絵本など、さまざまな文章に触れましょう。
  • 読書の習慣をつけましょう。

思考力を身につける

  • パズルやゲームなど、さまざまな問題に取り組みましょう。
  • 自由研究や図工など、創造的な活動に取り組みましょう。

体力をつける

  • 毎日適度に運動しましょう。
  • バランスの良い食事をとりましょう。

受験に対する意欲を高める

  • 子どもの興味や関心を尊重しましょう。
  • 一緒に受験について話し合いましょう。

中学受験は、子どもにとって大きな挑戦です。そのため、親子で協力して、子どもの可能性を最大限に引き出せるようにサポートしてあげましょう。

中学受験に両立して、やっておけばよかった習い事とは?

中学受験を経験された保護者様や、塾講師、元塾講師の方々から、実際に「やっておけばよかった」と言われた習い事は、以下のようなものが挙げられます。

そろばん

そろばんは、計算力を効率よく鍛えるのに効果的です。中学受験の算数では、計算問題が数多く出題されます。そろばんを習っておけば、計算のスピードと正確性を高めることができます。

【PR】 いしど式オンライン そろばん教室(公式サイト)

英語

英語は、中学受験の必修科目になりつつあります。英語を早いうちから学んでおけば、中学受験だけでなく、その後の学習や将来の進路選択にも役立ちます。

【PR】 アニメで学ぶ小学生、幼児の英語『MOCOMOCO ENGLiSH』(公式サイト)

プログラミング

プログラミングは、論理的思考力や問題解決力を養うのに効果的です。中学受験では、思考力や問題解決力が問われる問題が多く出題されます。プログラミングを習っておけば、これらの力を鍛えることができます。

【PR】 サイバーエージェントが運営する小学生向けプログラミングスクール『Tech Kids School』(公式サイト)

スポーツ

スポーツは、体力や精神力を養うのに効果的です。中学受験は、長期にわたる受験勉強と、本番の受験当日の体力が必要です。スポーツを習っておけば、体力や精神力を鍛えることができます。

これらの習い事は、中学受験に直接役立つだけでなく、子どもの将来の可能性を広げることにもつながります。

また、中学受験を経験された保護者様からは、以下のようなものも聞かれます。

【PR】 avex所属講師多数在籍!オンラインダンスレッスン「スポともダンス」(公式サイト)

家庭学習の習慣を早いうちからつける

中学受験では、家庭学習が欠かせません。家庭学習の習慣を早いうちからつけることで、中学受験への準備をスムーズに進めることができます。

【PR】 家庭教師の【がんば】無料体験レッスン募集(公式サイト)

子どもの興味や関心を尊重する

中学受験は、子どもにとって大きな挑戦です。子どもの興味や関心を尊重して、やる気を引き出すようなサポートをしましょう。

中学受験は、子どもにとって大きなチャレンジです。子どもの可能性を最大限に引き出せるように、親子で協力してサポートしてあげましょう。

まとめ:中学受験で差がつく!低学年から身につけたい計算力

中学受験で差がつく!低学年から身につけたい計算力

ここまで、中学受験で計算力が重要である理由と、低学年のうちから計算力を身につけることのメリット、具体的な方法について解説してきました。

計算力を身につけるためには、まず計算の基礎をしっかりと身につけることが重要です。足し算、引き算、掛け算、割り算の基本的な計算を、正確かつ速くできるようにしましょう。

計算スピードを上げるためには、繰り返し練習することが大切です。ドリルや問題集を活用して、毎日少しずつでもいいので計算に触れる時間を確保しましょう。

計算ミスを減らすためには、計算の流れを意識して、間違いやすいパターンを把握しておくことが重要です。また、計算の途中で答えを答え合わせする習慣をつけましょう。

低学年のうちから計算力を身につけておけば、中学受験に向けて着実に計算力を伸ばしていくことができます。ぜひ、今回ご紹介した方法やアイデアを参考に、お子様の計算力をアップさせましょう。

具体的なまとめポイント

  • 計算の基礎を身につける
  • 繰り返し練習で計算スピードを上げる
  • 計算の流れを意識して計算ミスを減らす

おすすめのドリルや教材

  • 早ね早おき朝5分ドリル
  • 公文式
  • 算数オリンピック問題集

また、計算力を身につけるためには、家庭学習の習慣をつけることも大切です。毎日少しずつでもいいので、計算に取り組む時間を確保しましょう。

また、親子で一緒に計算に取り組むことで、お子様のやる気を引き出したり、コミュニケーションを深めたりすることもできます。ぜひ、親子で協力して、お子様の計算力をアップさせましょう。

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました